写真撮影は旅行の楽しみの一つ!カメラを持参する際の心得

コンパクトデジタルカメラでよく起こるトラブルの対策

旅行の楽しみの一つが現地の写真を取る事です。旅行先にカメラを持ち歩く人は多く、旅の思い出を残すのに最適ですよね。旅行に持ち歩くのなら、コンパクトデジタルカメラが大変に便利です。ただし旅行先にコンパクトデジタルカメラを持参するなら、起こりそうなトラブルへの対策も大切でしょう。旅行先でよくあるのが、バッテリー切れの問題です。夢中になって写真を撮っていると、電力不足で撮影できなくなってしまう場合がよく起こります。そのため旅行先へは予備バッテリーの持参が欠かせませんね。また写真のデータを記録するメモリーカードの容量が不足するようなこともあるため、予備のメモリーカードもコンパクトデジタルカメラと一緒に持っていくと安心ですね。

一眼レフカメラは旅行先でのメンテナンスが大切

本格的な写真を旅行先で撮影するなら、一眼レフカメラが向いているでしょう。一眼レフカメラは、写真撮影の表現の幅がコンパクトデジタルカメラよりも幅広い特徴があります。撮影テクニックを駆使すれば、コンパクトデジタルカメラ以上に臨場感ある写真を撮影する事ができますね。しかし一眼レフカメラはサイズが大きくかさばるのが問題です。そこでカメラに装着するレンズは厳選して、数を絞る心掛けが大切です。あれもこれもとレンズを多く持参すると、旅行先での移動の妨げにもなります。また旅行中には一眼レフカメラのメンテナンスも欠かせないため、レンズを拭くためのレンズクリーナーや埃を取るためのブラシなども持参するよう忘れてはいけません。

旅芸人

それぞれにメリットが違う!国内旅行と海外旅行

誰もが気軽に行ける国内旅行

国内旅行の大きなメリットは、言葉に不自由な思いをすることがありませんから、誰もが気軽に行けるというところです。また、北海道から沖縄まで、日本は南北に長い国ですから、それぞれのエリアによって特徴が異なります。滅多に雪が降らないエリアに住んでいるなら、冬に東北地方や北陸地方などを旅行する方法はおすすめです。雪がちらつく露天風呂に入ったり、ウィンタースポーツを楽しんだりすることができますから、非日常的な体験をしたい方にぴったりです。さらに、夏に九州地方や四国地方へ行けば、トロピカルムードを思い切り満喫できます。各エリアの特徴を把握すれば、国内旅行の魅力が倍増しますから、事前に調べておくことが大切です。

異文化を味わえる海外旅行

海外旅行の魅力は、日本とはまったく異なる文化を味わえるところです。主食がパンの国や、チップを必要とする国など、それぞれ特徴が異なります。また、日本語が通じるケースは滅多にありませんし、英語以外の言葉を主要な言語としている国が多いです。そのために、異文化を堪能したい方にとって、海外旅行は最適です。その国でしか購入することができない土産品や特産品もありますから、あらかじめ下調べをしておくと便利です。どうしても欲しいものがあるなら、リストアップしておきましょう。さらに、海外旅行では、日本とは異なる風景を見ることができます。雄大な自然や野生動物など、ダイナミックな景観を楽しめる点も海外旅行のメリットです。

バカンス

安全で快適な旅行をするために!用意しておきたいポイント

旅行をするなら準備は万全に

旅行の計画を立てる時は、安全面において配慮することが大切です。まずは、体調の管理をしっかり行いましょう。旅行をしている時に具合が悪くなったり、怪我をしたりすると、楽しさが半減してしまいます。常備薬があるなら携帯して、いざという場合に備えることが大切です。また、健康保険証と身分証明書は必ず持参しましょう。症状がひどい時は医療機関で診察を受けるべきです。さらに、宿泊先では避難経路などを確認しておくことがおすすめです。地震などの災害に備える心構えはとても重要です。また、台風の進路をあらかじめ調べて、確実に避けることができるように計画しておけば安心です。常にニュースや天気予報でチェックしておきましょう。

ささやかな心がけを忘れずに

旅行に出かけると、気持ちがゆるんで大胆な行動をしてしまうケースが見受けられます。お酒を飲み過ぎて騒いだり、大声で話をしたりすると、地元の方々や周囲の観光客に大きな迷惑をかけます。団体ツアーに参加していたり、同行者がいる場合には、気まずい思いをしてしまう怖れもありますから、旅行先でも言動には十分に注意するようにしましょう。食事のマナーには気を配って、飲食店のスタッフにも丁寧な対応を心がけることが大切です。さらに、宿泊先の大浴場では入浴方法のルールを守り、お湯や浴室を汚さないように配慮すべきです。お互いに心配りをすれば、誰もが快適な旅行を実現することができます。ささやかな心がけを大事にしましょう。

放浪

安心して旅行を楽しむために欠かすことができない保険

旅行の目的に合わせた保険選び

旅行では色々な目的があって出かけることがあると思います。例えば環境旅行であったり、史跡めぐり、さらに留学や出張などでも知らない土地へ行くことがありますよね。そんな時に少しでも安心して旅先で過ごすために欠かせない存在となるのが保険です。特に海外への移動になりますと全く知らないような場所に行くこともありますので、補償内容がしっかりしている保険を選択するということが大きな安心につながるようになってくるのです。日常生活とは離れた文化に触れることになりますので、予想外のトラブルに遭遇してしまうということもありますので、万が一に備えて保険に入っておくということは、自分のためでもありますしさらに家族を守るためにも重要なことになってくるのです。

旅行保険で重要視するべき補償内容

最近では旅行に関する保険も多くなっておりますが、特に海外旅行に関しては補償内容をしっかりと確認しておくと安心できる旅行につながります。特に旅行先での体調不良に関しては、治療費や救援費などで高額になってしまうことがありますので、医療関連の保険が充実している補償をしっかりとチェックしておくことが重要になってきます。また海外で盗難や窃盗に合ってしまった場合などにもしっかりと備えておくということが重要になってきます。旅行期間中は貴重品を持ち歩く機会も多くなってきますので、盗難にあってしまうとその損失も大きなものになってくるのです。そこで万が一の事態に備えて盗難や紛失などにおける補償も充実しているものを選ぶことが重要になります。

余暇

もう悩まない!旅行に持っていくカバンの準備

カバンを選ぶ際のソフトタイプとハードタイプの選択肢

旅行の準備で迷うのが、どのようなカバンを選ぶのかという事ですよね。特にあまり旅行経験のない人は、カバン選びで苦労する場合がよくあります。カバンの選択肢にあるのが、ソフトタイプとハードタイプです。ソフトタイプのカバンは軽くてあまりかさばらないのが利点です。しかし耐久性に不安があり、また中の荷物が傷んだり壊れたりしないかと心配もあります。その点でハードタイプのカバンは、高い強度を備えているため、旅行中にも安心感が感じられるでしょう。国内の旅行であればソフトタイプのカバンでも十分に役立つものの、海外旅行であれば荷物が破損する可能性を考えて、多少かさばったとしてもハードタイプのカバンを選ぶ方が安心感があります。

旅行に使うカバンには鍵による安全対策が必要

旅行先では安全対策が欠かせません。特に海外旅行では、カバンが開けられて中身が持ち去られることは珍しくありませんね。そこでカバンを簡単に開けられないよう、鍵を掛けると大切な荷物を守ることができます。旅行用のカバンの中には、あらかじめ鍵がかけられるタイプのものもあります。しかしカバンに備え付けの鍵は、簡単に開錠できたり壊されてしまうものも中にはあり、必ずしも信頼できるとは限りません。そのため鍵付きの旅行鞄を選ぶのであれば、できるだけ品質の確かなメーカーの物を選ぶのが無難でしょう。また心配であるなら、鍵はカバンに備え付けのものではなく、セキュリティ性の高い錠を個別に用意してカバンに取り付けるのも方法です。

世界旅行博

アジア地方へ旅行したいなら必見かもしれない!

タイには美味しい物や不思議な物がたくさんある。

温帯地方や熱帯地方は不思議な事に、大自然の凄まじさと美味しい珍しい食べ物が目立つのですね。タイなら様々な食べ物がありますが、グリーンカレーや香草を使った薬膳に近いカレーなどもタイには目立つところがあります。甘いのか辛いのか、両方なのか微妙な味わいが食欲を促します。タイやアジア地方に行くならば、大自然には自分からバンバン触れていきたいと考えたいですね。大自然の中はハードな傾向がありまして、日本では有り得ないような生物や昆虫があらわれる時がありますから、観光する場所の問題性や特徴を調べられるだけ調べていったほうが、後に悔やむ事はないですから、調査はオススメしたいですね。時差や気温差にも注意しましょう。

大自然にはミラクルが発生する事がある!

大自然は不思議な現象を発生させる場合があります。旅行するならば、忘れられない様な素晴らしい神秘を肉眼で見たいものです。旅行は楽しむだけではなく、思い出に残す為にもするわけですから、カメラは用意しましょう。オーロラ現象も大きな虹も大自然がなせる現象ですから、旅行に行く以上は見たいところです。タイならば大自然の現象としてはオーロラほどの現象は、今現在のところはあげる事は難しいですが、信じられない様な生物はいますから、珍しい生物好きな方は、探される事をオススメします。日本でいえば熊が珍しくなってきていますが、タイにも日本でいう、熊に近いような扱いを受ける生物がいるようですね。観光の醍醐味のひとつ、珍しい生物を探すのも楽しむ為にも必要ですよね。

旅行ガイドブック

空の便を利用した、三内丸山遺跡と白神山地を訪ねる旅

縄文文化のイメージを変える三内丸山遺跡へ

伊丹空港から飛行機で青森を目指し、空港の近くで予約していたレンタカーに乗り込み、三内丸山遺跡に向かいました。約30分で到着した遺跡は、想像を絶するものでした。縄文時代というと、狩猟や採集の生活で移動しながら30人ぐらいの少人数で暮らしていた、というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?私もそうでした、この遺跡を見るまでは!三内丸山遺跡は、今から約5,500年前から4,000年前の集落で、長期間にわたって集落が営まれていました。普通の大きさの竪穴住居以外に、大型の掘立柱建物や盛土など、従来のイメージをこわすものがでてきています。ヒョウタンやクリのような栽培された植物も発見されました。ここへ行けば、縄文時代のイメージが一変すること、請け合いです。

世界遺産の白神山地へ

2日目は、世界遺産に登録されている白神山地に行きました。白神山地は、秋田県と青森県にまたがる約13万haに及ぶ山地帯で、人の手の入っていない世界最大級のブナ林があります。このブナ林には多種多様な動植物が生息し、貴重な生態系が保たれているので、1993年に世界遺産に登録されたのです。今回は70歳代のメンバーもいたので、1時間程度で歩ける散策コースを選択しました。道路から少し入ると、もうそこはブナの林です。幼木から老木、枯れて倒れた倒木まであります。幹に耳をつけますと、幹の中を流れる水の音も聞こえます。野鳥の鳴き声も聞こえ、都会の騒々しさを忘れる一時を過ごすことができました。三内丸山遺跡と白神山地を訪れた旅で、癒されました。

キャンピングカー

長期滞在旅行をするときのおすすめポイントとは!?

なるべく安く宿泊費をおさえるポイント

学生時代に長期滞在型の旅行をしたときに、なるべく宿泊費をおさえたポイントをご紹介しますね。民宿やホテルの場合は、清掃やタオル交換やアメニティの補充によって料金が高く設定されているため、コンドミニアムタイプの宿泊施設を利用しました。そこでは、清掃やタオル交換やアメニティの補充などのサービスは一切なく部屋の提供と鍵の管理だけありました。マンションの一室で室内には、洗濯機や電子レンジなど生活に必要な家電からキッチンもあったので実際に生活をすることができました。また、お皿やお鍋やフライパンなどの調理器具も用意されていたので自炊することができ、食費や宿泊費を節約して他の体験活動にお金を費やすことができましたよ。

移動手段を確保しておくこと

長期滞在となると、実際にその地で生活をすることになるので移動手段を確保する必要がありますよ。まれに、ホテルにあり自転車を利用することができるサービスがある場合もありますよ。また、レンタカーを利用することもおすすめです。長期期間利用することで割引がされることもありますし、ちょっと出かけたいときにあると便利ですよ。地方なら大体駐車場は安かったり無料ですよ。他には、電車やバスの路線を的確に調べておくことです。電車やバスなどの公共機関を利用するとその地を詳しく知ることもできますし、何より安いですよね。移動手段の選択はケースバイケースなので、状況に応じた選択ができるよう旅行へ行く前に調査をしておくことをおすすめします。

タビマスターズ

意外と簡単!旅行を充実させるためのちょっとしたアイデア

旅行の目的を明確化するコツ

旅行に出かける際に、目的を決めず何となく出かけるというのも良いですが、より充実させるためには旅行の目的をはっきりとさせておくことがお勧めですよ。ただ漠然と旅行をしていると、現地でどこへ行こうか迷ってしまうということもありますし、何よりも達成感がありませんので、やはり旅行においては目的を明確にしておくことが重要になってきます。旅行の目的というと大げさになってきますが、ちょっとした目的さえあれば充実した内容にすることができるのです。例えば旅先でのグルメを楽しみたいということでも良いですし、アミューズメントを楽しみたいということだけでも良いのです。とにかく旅先で何をしたいのかということを出発前に決めておくことが重要になるのです。

旅行の行き先を上手に決めるコツ

旅行プランを立てる際にスムーズに進めるために、一番最初に旅先を決めてしまうという方法があります。とりあえず予算や旅行期間などは後回しにして、まずはどこに行きたいのかを決めてしまって、それを基本軸として予算や日程などのプランを立てるという方法もあります。実際に旅行の目的地を決める方法としては、片道数時間で行ける圏内で探すということも可能ですし、イベント雑誌で各地のイベント情報をチェックして行き先を決めるという方法もお勧めになってきます。さらに最近ではテレビなどでも旅番組が多くなってきておりますので、テレビで興味を惹かれるような観光地が放送されていたら、そこを目的地とするのも楽しめる旅行につながると思います。

ホームエクスチェンジ

刺激的!新発見続々の新しい彼氏との海外旅行

友人の食べ物の好みが普段と違う気がしたり……

日本国内の旅行でも感じることですが、場所が違うと食べ物が違います。海外であれば、更に食べ物が違います。使う食材、調味料、料理の仕方など、初めて口にするような食材もあるでしょう。旅行中は、同行している人の意外性が見えるものですが、食べ物の好みの意外性もはっきり見えたりします。たとえば、一緒に旅行中の友人が辛い物好きだとなのは知っていても、その程度が自分の想像している以上だったというようなことがあったりします。その友人は旅行中、もっと辛い物を食べたがるかもしれません。しかし、自分は実は辛い物が得意ではないとか、違う物が食べたいという場合もあるでしょう。その場合、せっかくの旅行中なのに、意見がすれ違い、ちょっと気まずい思いをすることもあるかもしれませんね。なかなか難しいものです。結局、どちらかが我慢しなければいけなくなるか、あるいは別行動をするかという選択になってしまう可能性があります。しかし、せっかく一緒に海外旅行をしているのですから、何とかお互いに少しずつ譲り合うのが無難かもしれません。

友人の堪能な英会話力に触発されたり……

普段の生活で英語を使うことがある人の場合は、英語が話せるのは当然でしょう。しかし、田舎に住んでいて、周囲に外国人もいなく、更に、職場でも英語を使うことは全くないという環境で生活している人もたくさんいます。そういう友人が、海外旅行中に英語をかなり堪能に話しているのを見ると、驚いてしまいますよね。特に、自分が何度か英会話をマスターしたいと思って挫折している場合などは、羨望の目で見つめてしまうでしょう。どのように勉強したのか、どのくらい勉強したのか、とても気になってしまうものです。そして、この経験により、自分もまた英会話の練習を再スタートする気になるかもしれません。海外旅行によって、友人の意外な魅力に気が付くと同時に、自分のやる気も触発されるのは素敵なことでしょう。

タビマスターズ